eye

子供の目の健康|スマホとブルーライトがもたらすリスク

aiaicandy

子供がスマホやタブレットを毎日見ていると、
子供の健康に対する影響が気になりますよね。

スマートフォンやタブレットなどのデバイスは、
子供たちにとって身近なものとなっていますが、
その一方でブルーライトの影響についても気にかける必要があります。

本記事では、ブルーライトをテーマに、
子供とスマホの関係性や健康への影響について詳しく解説していきます。

赤ちゃんから幼児、そして小学生まで、
それぞれの年齢層におけるブルーライトの影響や対策、
注意点についてご紹介します。

子供の視力や睡眠、脳への影響など、
子供たちの健康を守るためのポイントも含めて、ぜひ参考にしてください。

毎日子供がスマホ!ブルーライトはいいの?瞬きの大切さ

赤ちゃんの目を守るために気をつけるべきこと

赤ちゃんの目を守るためには、
スマホやタブレットなどのデバイスを使用する際の時間や距離に注意が必要です。

特に目の前でデバイスを直接見せるのではなく、
少し離した距離から見せるようにしましょう。

さらに、
ブルーライトカットメガネを活用することで赤ちゃんの目を守ることができます。

ブルーライトの影響が幼児の視力に及ぼす影響とは?

幼児期に長時間スマホなどのデバイスを使用することで、
ブルーライトの影響が幼児の視力に及ぼすリスクが高まります。

画面を長時間見続けることで、
目が疲れやすくなり、視力低下の可能性も高まります。

スマートフォンの長時間利用が子供の睡眠に与える影響

スマートフォンの長時間利用は子供の睡眠にも影響を与えることがあります。

画面から出るブルーライトは脳を刺激し、
眠りにくくさせることがあります。

そのため、
子供が寝る1時間前はスマホやタブレットなどのデバイスを使わせないようにしましょう。

ブルーライトカットメガネの効果と注意点

ブルーライトをカットする効果があり、
目の疲れや乾燥を緩和し、
視力の低下を抑えることができます。

ただし、
適切な使い方や購入時のポイントに注意して使用することが大切です。

子供の脳への影響:幼児期のスマホ利用と発達障害の関連性

幼児期にスマホなどのデバイスを長時間利用することは、
子供の脳に影響を与える可能性があります。

特に発達障害との関連性が指摘されており、
適切なスマホの利用時間や休憩を取ることが重要です。

ABOUT ME
あい
あい
視能訓練士
眼科で働きながら、目に良いことを考え続けるママです。

女性の悩みや眼に関する記事を書いてます。
記事URLをコピーしました